カーコーティングをするならどの会社にする?比較のポイント
愛車をきれいな光沢のある見た目に保ちたいというのは、車を持つ多くの人の思いかと思います。
手間をかけてカーワックスを使うのもよいですが、カーコーティングで持続性のある光沢を手に入れることもできます。
しかし、コーティングの施工をしてもらうにも業者を選ぶ必要がありますが、何を選んだらよいものか迷う方も多いことでしょう。
カーコーティングとは?
カーコーティングを受けた車

失敗するとリスクが大きいコーティング

業者選びに失敗して落ち込む人カーコーティングをするのに、どこの業者を使っても同じだろうと思ってしまうかもしれません。
専門店であるならば、技術的にはどこも同じで、自分でやるより出来栄えは良いだろうと思ってしまうかもしれませんが、実はそういうわけでもありません。
きっちりと事前情報を確認して吟味しなければ、後悔の残るコーティングになるかもしれません。

コーティング自体は持続性のあるものなので、失敗をしてしまってもまたすぐにやり直し、というわけにはいかないのです。
一度コーティングをすること自体にも時間がかかりますし、費用も掛かってしまいますし、できるだけ一度でよい業者を選びたいものです。

宣伝文句に要注意しておく

どこの業界でも同じようなことがいえますが、過剰な宣伝文句を掲げている業者は何か後ろ暗いところがある可能性が高いです。
最高の光沢を保証するなど仰々しいことが書いてある場合、ほかに何かデメリットを受けかねない要素があったりするものです。
もちろん専門の業者ですから完全に詐欺ということはめったにないかとは思いますが、自分の愛車を預けるのですから、信頼性の高い業者を選びたいところです。

最近では規模の小さい業者でもインターネットを使って立派なサイトを用意できるようになってきています。
サイトだけの豪華さや宣伝文句に騙されず、価格や技術を見極めて利用しましょう。

保証期間の罠

罠にはまってショックを受ける人施工を依頼する際に、業者の側で保証期間は何年間ですというように提示されてくる場合があります。
もし何か施工後にトラブルがあったとしても、数年間は保証されるのであれば問題はないだろうと思うかもしれませんが、そこに罠がある場合もあります。

例えばそれが三年保証というお墨付きだった場合でも、その三年の中には複雑な条件が組まれていることがあります。
めったに車を使わない人の三年間と、頻繁に車を使う人の三年間はまったく違う密度を持っているものです。
保証期間という言葉だけを大々的に前に打ち出しておいて、そのわきに小さな文字で使用頻度の低い人の場合、というような但し書きがされているかもしれません。
ここまで露悪的ではなくとも、多少なりとも業者にとってメリットが多くなるような小さな罠が仕掛けられている可能性はあるでしょう。

メンテナンスを受けられる条件も

施工をするにあたって、様々な保証やアフターサービスの特典をちらつかせてくる場合があります。
ですが、これもすべての人が受けられるというわけではもちろんなく、そうなってしまっては業者もただ同然の仕事になってしまいます。
そうならないよう、業者はこういった特典を受けられる人を厳しい条件で絞ることになります。

例えば長期間の保証に加入していなければメンテナンスを受けられないなど、一部の人に対して特典の解放を絞り込んでいるのです。
それならば、むしろ特典をまったくつけず、基本料金が安い業者のほうが利用者にとってはメリットが多いかもしれません。
業者が打ち出してくる特典の数々に目を奪われず、自分の愛車のことを第一に目を光らせて業者を選びましょう。