カーワックスとの違い

車体を磨くための手段としては、カーワックスというものを思い浮かべる人が多いかと思います。
しかし、最近ではこのワックスに代わって、カーコーティングというやり方に注目が集まってきています。

自分の車をきれいな見た目にするために

愛車を持っている人ならば、その車の見た目をできるだけ清潔に、きれいな艶のある状態に保ちたいと思うことでしょう。
従来は、カーワックスを使って車体を磨くということが主流だったのですが、徐々にガラス被膜を使ったカーコーティングが主流になってきているようです。

ワックスとのケアをする頻度と手間の違い

カーワックスを使うこと自体は、とても手軽な方法なので、誰でも行うことができるやり方です。
もちろん現在でもカーワックスを使っている人は多いかと思いますが、いくら塗布したとしても雨で簡単に流れ落とされてしまうという弱点があることも事実です。
ですが、コーティングの場合には、ガラス被膜で車体を覆ってしまうというものです。
なので、雨に降られただけでは落ちることもありませんし、非常に効果が長く持続し、頻繁にメンテナンスする必要もありません。

車体をガードするメリットも

堅い素材でコーティングすることになるので、小さな傷になってしまうようなダメージからも、車体を守ってくれる防御の機能も提供してくれます。
これはカーワックスだけでは、得ることができなかった効果の側面になります。
あまり手間をかけずに、新車の光沢を維持したいという人にとっては、初期投資としては少し必要になりますが、長い目で見ればコーティングは非常に有効な方法といえるでしょう。
ワックスに手間を感じている人や、愛車を傷や酸化から守りたいと思っている人にとってもコーティングはおすすめのアイテムです。

関連する記事

カーコーティングのメリット
下取りを考えるならコーティングを

カーコーティングをするということは、ガラスの被膜で車体を覆うことになりますので、細かい傷などから車体 …

カーコーティングのメリット
カーコーティングのメリット

自分の車をピカピカの見た目にするために、カーコーティングに注目が集まってきています。 車が新車のよう …