下取りを考えるならコーティングを

カーコーティングをするということは、ガラスの被膜で車体を覆うことになりますので、細かい傷などから車体を守ることができるという効果もあります。
ディーラーなどでコーティングを進められることもあり、存在を知っている人は多いかと思いますが、実施している人はあまり多くないかもしれません。

コーティングは必要なのか

車体の塗装技術そのものも進歩してきていますので、本来であればコーティングをしなくても車体をきれいなままに保つことも可能です。
もちろんそれには、毎週洗車をするなど定期的なメンテナンスをマメにすることができている、ということが前提になってきます。
ですが、メンテナンスにも手間がかかりますし、それを煩わしいと思っている人もいることでしょう。
たまにしか洗車をせず、あまり手間もかけたくないという人にとっては、コーティングは必要な施工といえます。

車の価値を保つために

あまり洗車をせずにとりあえず移動手段として使えればいいというスタンスの場合、車体に着実にダメージが蓄積していってしまいます。
汚れも付着し落とすのが難しくなっていきますし、時間が経てばたつほど車の価値そのものが低下していってしまうことになります。
そうして、将来的に下取りに出したときに価値がつかない、という結果になってしまうかもしれません。
下取りに出すことを可能性レベルでも考えている場合には、コーティングを施しておくことは無駄ではないでしょう。

目的からコーティング剤選びの参考に

車体を汚れや小さな傷からガードするためという目的があるのであれば、ガラスコーティングがおすすめです。
メンテナンスの頻度を多少落としても、車体にダメージが蓄積していってしまうのを避けることができます。

関連する記事

カーコーティングのメリット
カーワックスとの違い

車体を磨くための手段としては、カーワックスというものを思い浮かべる人が多いかと思います。 しかし、最 …

カーコーティングのメリット
カーコーティングのメリット

自分の車をピカピカの見た目にするために、カーコーティングに注目が集まってきています。 車が新車のよう …